« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月の14件の投稿

スーパームーン

今夜は、満月が特に大きく見えるスーパームーン。

6時ごろ、夕食の準備をしばし止め外に出てみました。

001_2 残念ながら雲がかかってる。
でも上ったら、もしかして・・・?

004_2

005_2 大きい! きれい!

月光浴してきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

秋のいけばな県展

003_2 チケットいただいて、かるぽーとで催されているいけばな県展に。

004 005 006009_2
まだまだ暑い一日でしたが、いけばなで秋の空気をたっぷりすいこんできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

PIGNA ALTEZZA ピーニャアルテッツアでお昼

友人とのお昼。
車で行きやすいところ、ということで薊野バイパスにあるピーニャ アルテッツアに。

日曜日のお昼だったので、満席。
私たちの前に店に入った方たちは断られてました。 予約しといてよかった。

スターター、メイン、デザートにエスプレッソのBコース。
メインは2種から選ぶ。

001 002 どの皿も新鮮な旬の野菜たっぷりで彩られてきれい。りゅうきゅうが高知!って感じ。

友人の注文した肉料理のほうには、アランチーニもあって実は羨ましかった・・・。
ドルチェは撮り忘れてしまいましたが、果物が素敵に飾られてました。

今度は夜におじゃましたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

刑事フォイル

BSプレミアムで放送中の「刑事フォイル」。

英国ものなのは嬉しいけど、なんでまたミステリーなの?

イギリスのテレビ番組NHKで放送されるのはシャーロック・ホームズからはじまってポワロ、ミス マープル・・・って感じなので。

10月からは「トミーとタペンス」(これもアガサ・クリスティー でもユーモアのあるミステリー)。

なのにここでもミステリー?

いやいや、それが一味違うミステリーなんです!
確かに刑事フォイルが謎を解いていくお話だけど、このドラマの原題は FOYLE’S WAR 。 第二次世界大戦下のイギリスがお話の重要なテーマ。

戦時中、上流階級でドイツびいきのイギリス人がいたとか、市井の人たちのドイツからの亡命者への感情の変化とか、戦場から傷ついて帰ってきた兵士、ダンケルク撤退作戦、そういうことをドラマの中に上手に盛り込んで話が進んでいく。

フォイルがその戦時下にあって罪のみを見て、誠実に穏やかに、事件とかかわった人々に対処していく様を見て、「スゴイ!」と思いつつも、ここまで偏見なく寛容になれるかな?と自分を省みる。

第二話ではダンケルク作戦で兵士たちを助けに行った漁師さんが素晴らしかったの!

ダンケルクの話は、日本ではあまり知られてないように思う。
でもイギリス人の心にしっかりと刻み込まれていて、また話題に上ることもよくある。西部戦線のダンケルクから連合軍を撤退させることになったとき、輸送船だけじゃなく、民間の船、漁船、とにかく船という船がそれぞれ(もちろん民間人)危険を冒して兵士たちを助けに行き、連れ戻った。

そういった史実と登場人物がぴったりと合って、つくづく戦争のおろかさを感じるドラマなんです。

運転手サムとのやりとりが好き。
お話が重ためなのでほっとします。

だいたい一話が100分なんで、NHKでは50分2回 前後編 2話ごとなので、これまで見逃してても大丈夫。

次回は27日 日曜日 夜9時から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

紅茶キノコ

001 紅茶キノコってご存知ですか?

昔昔日本で流行ってすぐにすたれたらしいです。
最近アメリカのセレブが美容と健康に良いって愛飲したからか日本でも流行のきざし。
ドリンクとして売られているようですが、育てる菌をいただきました。

キノコと言ってもキノコじゃなくて、菌を砂糖紅茶液で培養するのですが、その菌がジェリー状で平べったいキノコに見えるから。 

キノコ原液さえ誰かからもらえさえすれば作り方は簡単。ビンを煮沸消毒するのが少し手間といえばそうかな。

紅茶を「こりゃぁ濃い!」
というくらいの濃さで。
砂糖は(私はてんさい糖)「こりゃぁ甘い」
というくらいの甘さで。

って、わかります?
こういって教えられたんです・・・・

おおまかに、私は普通の1.5倍くらいの紅茶と1リットルに100gくらいのてんさい糖にしてます。

紅茶液に砂糖を入れて2分ほど煮るだけ。

キノコ原液に、冷ました紅茶砂糖液を入れて3日ほど(冬は一週間ほど)放置。

長く置くほどすっぱくなっていきます。
ものすごくすっぱくなったのは料理のお酢の代わりにつかうと良いです。

好みの爽やかな味のところで、少しの液とキノコを残して別の容器に移します。

発酵後の液を薄めて飲むと・・・
おいしい~!

私はアールグレイで作ってるのでさわやかなベルガモット風味。

もともと、夏ばて防止に「もろみ酢」を薄めて飲んでいたので、今はその代わりに紅茶キノコドリンクをいただいてます。 

いろいろの効用はわからないけど、普通においしい飲み物ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

リネンのドレス その2

麻のワンピース、なんとか季節に間に合いました。

002

朝夕はひんやりするものの、日中は日差しがじりじりと暑い今の時季に活躍しそう。

パターンは少し袖部分を変えたけど、デザインはこの間作ったものとほぼ同じ。

003袖は姫袖。

日差しをさえぎりつつ風を通してくれて良い感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ラヴェンダーの器

アレンジのクラス。
剪定した庭のラヴェンダーを使って器にしてもらいました。

004 このままドライに出来ます。

とにかく香りが良いです!
作ってる時にも癒されます~。

006_2 秋色アジサイやぶどうを使ったアレンジメント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ワールドニュース

2ヶ月ほど前から、BBCなど、毎朝ワールドニュースを見るのですが、これがツライ。

シリアからの難民のニュース
アメリカ西部での広大な地域にわたる火災で失われた町
フランスの竜巻で破壊されたお屋敷

今朝の、ローマ テルミニ駅からは駅付近で暮らすローティーンの移民の子どもたちのリポート。

親がせめて子どもたちだけでも、とヨーロッパに送り出したのだけど、ローマで受け入れ先もなく学校にも当然行けず生活費も食費ももちろんなく。 駅に住んで15ユーロで買われる男の子たち。

ブログさぼってますね、と最近言われます。 はい、その通り。

でもね、日本のニュースもだけど、つらい現実の映像を見てると、そういう実際世界で起こっている事を上手に伝える術もなく。何やってんだろ私、って気持ちになってPCに向かう気持ちがしぼんできたりするんです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ラ プリマヴォルタでお食事会

La Primavorta ラ プリマヴォルタ でのお食事会も恒例になりました。

今回も主に高知の食材で季節を感じるお料理。

001_2002_2003_3004005007私は食後にルンゴ(普通より多めの水で抽出したエスプレッソ)をいたきました。

お茶系は、茶葉を入れた小さな容器をテーブルに持ってきてくださいました。それぞれの香りを比べて選べるサービスって素敵。
栗の紅茶の香りにくらくら。
。  006_3  

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

秋の花

003_2006 そのつもりではなかったけれど、見たとたんに惹きつけられたワイン系の菊。今日のお花は菊中心になりました。

お花は秋でも、日中は暑い!
デザートはまだまだ夏。冷たい桃のジェリー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フランス語クラスのお別れ会

001003 半年のコースなので、6ヵ月ごと「お別れ会」があるのですが、最近は皆継続するので、誰ともお別れにならないお別れ会。

一応会話はフランス語のみ、ということで、最初少し静かな時間が・・・・

パン焼きが趣味という方が(すいーツ男子という言葉はあるが、それならこの方はパン焼き男子?なのかな)スコーンと大きなブリオッシュを焼いてきてくれたのですが、それが絶品! ワインと共においしくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ひさびさの庭仕事

雨のあとは雑草取りに最適。
少しの力でするすると抜けるんです。

レッスンのキャンセルが出たので、午前中はせっせと雑草取りに励む。
夏の間は、暑さを恐れてあまり世話をしてなかったので、じっくり見るとこんなにも荒れてたのかとおどろきつつ鎌を使って根っこから引き抜く。

びっくり。
カタバミだけでもバケツ一杯になりましたよ。
こんなところを生徒さんたちに通ってもらっていたなんて恥ずかしい・・・。

004 ピエール ドゥ ロンサール ルージュがまたまた花盛り。

返り咲きとはいえ、何度咲いてくれるのでしょう。
この場所がよほど気に入ってくれてるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

一柳でお食事

001ブラッスリー Brasserie 一柳 でお食事。

まずはスパークリングワインで乾杯!

友人が私の好みをシェフに事前に伝えてくれていたらしく、どの皿も本当に大好きなものばかり、味も好みのど真ん中。

003 野菜が美しいー。
006_2お魚(チダイ)のパイ包み、ソース アメリケーヌで。
デザートはすべてを盛っていただきました。
そんなのできるって知らなかった・・・
007  シェアするものは、すべて人数×素材になってるので、喧嘩にならないのも嬉しい(大人だから喧嘩はしないか?)。

久しぶりにあう友人と、時間を忘れてゆっくり。
話はあっちこっちと飛びながらも、心の通い合うひととのおいしいお食事は格別で、つい最終バスまで話し込んでしまいました。最終といっても10時過ぎなんですけどね・・・。
6時の入店だから夕食に4時間。フランス人みたい?

一柳は夜12時まで開いてるので(火曜日休み)、軽い夕食のあとでもふらっと寄りたくなるようなお店です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

生地の色は

普段は、送ってもらったサンプルを見て布地を買うのに、「まあベージュだし大丈夫よね」と注文。 で、届いた布を見てがっくり。

ベージュとなっているが、これはカーキ。

ベージュでもピンクベージュが好きなのに、カーキじゃ困る・・・・。まあ確かめなかった私が悪いんですけど。

くよくよしてたら、あるレースを見てデザインを思いついた!
薄いピンクと薄い黄緑の小さなレース。これをこうして・・・と布に置くと

001結構良いじゃないですか?

布が地味なので、こんなかわいいレースを使っても子どもっぽくならない。

この頭の中の完成図のように仕上がってくれるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »