« ツタンカーメンのエンドウ | トップページ | お久しぶりです »

英国 国民投票の結果

先週金曜日、EU離脱派の勝利には驚きました。
僅差ではあっても残留の結果になると考えていたから。

速報が流れてからこっち、クラスのトピックはそればかり。 生徒さんたちからの質問に答えるだけで授業が終わってしまう。 関心を持ってもらって嬉しくはありますが。

ライヴで英国からの投票速報を見てた時に
若者と高年齢
高い教育を受けた人とそうでない人

というくくりで残留か離脱かにわけられていました。
EUに対する不満がここまで大きくなったのは、英国は島国で大陸からちょっと心理的に離れていることもあるけど、EU内の格差の問題がかなり大きいと思うのですが、これからの英国が心配ではあります。
ポンドは乱高下してますね。
今見たら1ポンド=135円! この間まで190円近かったのに。

Img_0063

これからの英国に関しての報道の中で一番私の心に響いたのはキャメロン首相の引退スピーチ。(ところどころ簡単な訳)

I was absolutely clear about my belief that Britain is stronger, safer and better off inside the European Union,・・・

EU残留することで、英国はより強く、より安全で、より繁栄するという信念を持っていた

But the British people have made a very clear decision to take a different path, and as such I think the country requires fresh leadership to take it in this direction.

英国民ははっきりとEU離脱という違う道を選んだ。 その方向に導く新しいリーダーが必要だ。

I will do everything I can as prime minister to steady the ship over the coming weeks and months, but I do not think it would be right for me to try to be the captain that steers our country to its next destination.

英国というこの船を安定させるために、数か月は首相としてどんなことでもしよう。ただ、新しい方向に進む船長としては私はふさわしくない。

The British people have made a choice. That not only needs to be respected-but those on the losing side if the argument, myself included, should help to make it work.

英国民は選択した。 それは尊重されなくてはいけないし、敗北した側の者たちー私自身も含めてーもこの結果を良いものにしていかなくてはならない。

Britain is a special country.

We have so many great advantages.

A parliamentary democracy where we resolve great issues about our future through peaceful debate.

議会民主主義で、大切な議題を平和的に解決する国だ

A great trading nation, with our science and arts, our engineering and our creativity respected the world over.

素晴らしい貿易立国で、科学、美術、工学や創造性は世界中で尊敬されている

最後のほうになると、声も悲痛になってきて、どれだけ国のことを心配してるかが伝わってきてちょっとうるっときました。

Now the decision has made to leave, we need to find the best way.

And I will do everything I can to help.

I love this country-and I feel honored to have served it.

And I will do everything I can in future to help this great country succeed.


何度も 同じ言葉が使われたり、繰り返しがあったりでキャメロン首相の心の乱れが伝わってくるようで、そこがますます感情に訴えてきましたね。


今週に入って、投票のやり直し云々の話が出てますが、そこまでの人数が集まってないようだし、簡単ではなさそう。

私のお気に入りの労働党党首のコービン氏にも圧力がかかってるし、どうなるんでしょう。

株とか持ってないので株価がどうなっても個人的には関係ないけど、経済の混乱を招いて世界中に影響してくるのは勘弁してほしいです。

|
|

« ツタンカーメンのエンドウ | トップページ | お久しぶりです »

BRITAIN」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180065/63837253

この記事へのトラックバック一覧です: 英国 国民投票の結果:

« ツタンカーメンのエンドウ | トップページ | お久しぶりです »