カテゴリー「SWITZERLAND AND SALZBURG 2008」の22件の投稿

DAY 14 その① ハルシュタットまで

朝一番に入院しているYRさんにスーツケースを届ける。お話しする分にはお元気そうで安心する。ただバスの時間があったのでゆっくり出来ずに駅に向かう。今日はザルツカンマーグートで一日過ごす予定。

ザルツカンマーグートはザルツブルク近郊の湖水地方。湖とその周りの2000メートル級の山々が美しいところ。去年はシャーフベルクに登山鉄道で登り山くだりを徒歩でしたのですが、「山登りは大変そう」という声があり私もスイスで山歩きはたっぷりとしたのでここでは違うことをしたいのもありまずはハルシュタットへ向かう。

ハルシュタットへは列車でもいけるのだが時間がかかる。
まずバート・イシュルまでバスで、そこから列車で乗り換え。ハルシュタットの駅から船で街に入るのがロマンティークだと思う。

バスの運転手さんからバスの一日券を購入。これであとの乗り降りが便利。8時19分発バートイシュルに9時50分着予定。
バスに乗るのは韓国人の観光客が多い。ミセスTMによると「ハルシュタットは韓国のドラマのロケ地だから」ということ。

さて朝の緑が美しい中湖に沿った道を走りバート・イシュルに到着。ここは皇妃エリーザベトゆかりの地なので後に観光することにして、ハルシュタットまでの往復券を買い、10時5分発でハルシュタットには27分に着く予定の列車を待つ。

10時3分ごろ列車が到着。ここのプラットフォームは低いので上るようにして急いで乗り込む。ドアが閉まってからプラットフォームにまだ人が待っているのを見て嫌な予感がして座っていた乗客に訊ねるとこの列車はハルシュタットと反対の方向に行くという。え~?

もう列車は動き始めているので座るしかない。
近くの席の人は「でもこの列車も風光明媚なところに行くよ」と言ってくれるけど・・・そういうことじゃなくて!

車掌さんが「切符拝見」と来たので間違えたことを説明。よくあることらしく料金はいいとのこと。私たちが乗る予定の電車にも電話してくれてバート・イシュルまで帰るときも料金免除するように手配してくれた。親切。運がいいのか悪いのか。

Switerland_and_salzburg_2008_218 さて次の停車駅エーベンゼーで降りるが、次の列車まで時間があるので散策。
スーパーがあったのでお昼を買い込むことにする。

店で買い物するときや、目が会った人に挨拶するのはヨーロッパでは普通に行われることですがこの村はすごかった。会うひとごとににっこり笑って「グリュス・ゴット」。スーパーの中でも何度も何度もグリュスゴット。

ミスターTMが「こんなん、ありえへん。日本でスーパーで知らない人ごとににっこりしてたら変な人だと思われるで」と言うので、それも哀しいなと思う。

Switerland_and_salzburg_2008_219Switerland_and_salzburg_2008_220 ハルシュタットの駅は街の対岸なので、駅から少し下ったところにある船乗り場から渡し舟に乗る。

Switerland_and_salzburg_2008_222_2 Switerland_and_salzburg_2008_223_2

10分ほどの渡し舟ですが、少しずつ街が近づいてきて美しさに息を呑む。ザルツブルク近郊の村はいくつも訪れたけれど確かにここは他と違った雰囲気を感じる。不便なのが良かったのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

DAY 13 その② ヘルブルン宮殿へのサイクリング

いったんホテルに帰り着替えて自転車でヘルブルンに。

ホテル近くのモーツァルト広場で自転車を借りたのだけどそれぞれの身長にあった自転車を選ぶのにえらく時間がかかってしまった。おまけにナビの私が道を間違えたり、正しい道も途中で工事のため道が途切れていたりで行きははらはら。(←いやはらはらしていたのは生徒さんたちでしょう。すいません。)

Switerland_and_salzburg_2008_195_2Switerland_and_salzburg_2008_196ヘルブルンは宮殿と 広々した庭もありますが、仕掛けのある噴水のあるイタリア式庭園がおもしろい。

人数を集めて英語とドイツ語をしゃべるガイドさんと一緒に見て周る。このガイドさんが手動で噴水の水を作動させるため濡れない人はいない。

Switerland_and_salzburg_2008_198_2 主人のところだけ濡れない大テーブル。これは有名ですね。

最初は逃げ回っていたけれど、思いがけないところから水が出てくるので無駄だというのに途中で気づく。

この中↓を走り抜けてゆく。
Switerland_and_salzburg_2008_205暑い晴れた夏の日でよかったなあと思う瞬間。

Switerland_and_salzburg_2008_200最初嫌がっていた子供たちは途中から進んで濡れていた。いいなあ。

Switerland_and_salzburg_2008_213_2 緑の中を抜けてのサイクリングは本当に気持ちが良い。

Switerland_and_salzburg_2008_217ホテルに帰ると病院のYRさんから電話があったとのこと。病院にはせ参じる。

麻酔がきつかったらしく気分は悪そうだがベッドに起き上がりしっかりした会話の出来るYRさんをみて安心する。

それにしても病室の贅沢なつくりなこと!
一人当たりの面積が日本の2倍ほどに見え、隣の人が気にならない距離がある。窓の外は木々のある中庭に面したベランダがあり、そこにはガーデンテーブルとイスが置かれてありそこに座ると気持ちがよいことが想像できる。電話もそれぞれの患者に直通の電話がベッド脇にあり24時間いつでもO.K.とのこと。面接時間のことといい、日本の病院のように管理されている感じがないのが一番いいのよね。

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

DAY 13 その① モーツァルトの住居

朝一番にYRさんが入院している病院に行こうと面接時間について訊くと「Anytime!」という。決まっていなくて会いたいときに会いに行けるとはいいシステムだなあ。

行き先が病院なのでタクシーの運転手さんが私の具合が悪いのかといろいろと降りてからのことも心配してくれた。説明したら「あそこは大変良い病院だ」というのでほっとする。

しかし病院につくと「麻酔のせいで今は会うことは出来ない」といわれすごすご帰る。

Switerland_and_salzburg_2008_187今朝はまず新市街にあるモーツァルトの住居に。

モーツァルトの生家のほうはいつも団体でにぎわっているけれどこちらのほうは静か。でもこちらのほうが楽譜や手紙など資料が充実している。改めてモーツァルトの人生のビデオを見ると、本当に悲しい苦労の多い人生だったなあとしみじみする。そのなかで作り出した数々の曲の美しいこと!

Switerland_and_salzburg_2008_191旧市街に帰りおもちゃと古楽器博物館に。
建物は岩をくりぬいて入り込んだ形になっていてかなり暑い日だけど中はひんやりしている。

テディベアやドールズハウスなどのコレクションもありましたがこじんまりした博物館です。

古楽器のほうは本でしか見たことのない楽器を実際にみるのは興味深かったです。音も聞いてはみたかったけれど。

Switerland_and_salzburg_2008_189 博物館のすぐそばからのびているリフトに乗りメンヒスベルクの丘に。

Switerland_and_salzburg_2008_192丘の上には現代美術館があるけれど、私たちの目当てはこの景色とレストランでのお昼。

景色もサーヴィスもお味も(お値段も)大変良かったデス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

DAY 12 オペラの日

昨夜東京から飛んできたYさんと朝食が一緒になる。

Yさんはバスにただで乗ったと嬉しそうに言うのであわててシステムを説明する。2台がつながっているバスは後ろのドアから乗り降りできるのだけど、運転手さんに支払わないでバスに乗っている人たちは定期などパスをもっている人たちなんです。パスを持っていない、切符も買っていない場合はもちろん無賃乗車なので見つかれば罰金を科せられます。

観光時にも便利なザルツブルクカード(バス、トラム料金も含む)を購入するように強く頼む。

2日前のコンサートはホテルに届けてもらっていたが、今晩のオペラと29日のウィーン・フィルのチケットは現地ピックアップなので受け取りに行く。

最初祝祭劇場のほうに行ったが「ここではなくて・・・」と馬洗い場の横にあるちいさな事務所を教えられる。そこに行くとピックアップの時間はまだだとのこと。手紙に書いてあった時間はもう過ぎているのだけれど。ヨーロッパではこういうことは良くあるので怒ってもしょうがない。再度足を運ぶしかない。

さて30分後チケットを受け取り確認し安心してレジデンツ見学に。
Switerland_and_salzburg_2008_165Switerland_and_salzburg_2008_163  ここはザルツブルクの司教がお住まいだったところで、現在は美術館と建物の一部は大学の建物になっている。初期バロック建築なので絵画のみでなく建物も好みで楽しい。モーツァルトが6歳のときに演奏した部屋もあります。

昼食の後はオペラに備えてホテルでゆっくりする人もいてそれぞれ自由にすごす。

私はチロリアンジャケットにする圧縮ウールが欲しくて同じく布をさがしている人と一緒にショッピング。でも綿のプリントものは各種あっても私の探しているウールはどこもおいてないという。ではとコスチューム博物館に行くことにする。デザインの参考になるし、今まで何度もザルツブルクを訪れたけれど機会がなかったので今度こそと思っていたので。

番地でみても博物館らしきものが見つからない。近くのお店で聞くと一緒に行ってくれた。外からは普通のアパートに見える建物の2階部分らしい。これはわかりっこないよ。

Switerland_and_salzburg_2008_177Switerland_and_salzburg_2008_179  中では縫いこさんたちが伝統的な衣装を縫っていました。その周りの各部屋に衣装が飾られている。

でもこれくらいの枚数ならザルツブルクの普通のお店に入ったほうがたくさんの衣装を見ることが出来そう。

Switerland_and_salzburg_2008_176だってザルツブルクでは普通の店でもこんな感じだし。

ホント美しい衣装ばかり。歩いている人たちもホテル働いている人たちも、伝統衣装を着ている女性が多くて街が華やいでそういうところもザルツブルクが好きな理由のひとつ。

さてホテルに帰り、レセプションの女性に挨拶して部屋に上がろうとすると呼び止められた。
「Have you heard about Miss Y?」
昼食後別行動だったYさんが交通事故にあったとのこと。警察に行ってくれ、というので事故の事情がまったくわからない私が何故なのかと聞くと、受付の女性が警察に電話してくれた。どうやら私がYさんと一緒だったと警察が誤解していたもよう。重症ではないが病院に運ばれ折れた足の手術中だし今晩は会えないという。

予定通り祝祭劇場でのオペラ「魔笛」に行く。
Switerland_and_salzburg_2008_181 魔笛はドイツ語圏では良く上映される作品。私のスイスジャーマンの友人たちも小さいころから親しんでいたといっていた。客席にも子供連れの姿が比較的多い。

カラフルな色が使われた舞台で演出も炎が吹き上げたり飛行機が飛んだりおとぎ話のようにも楽しめる。

舞台上方にドイツ語と英語で字幕が出るので私の英語の生徒さんもわかったと言っていた。
指揮はムーティで演奏、歌共に良い舞台だったのですが、Yさんの事故のことがショックであまり集中できませんでした。

Switerland_and_salzburg_2008_182Switerland_and_salzburg_2008_183パパゲーノがかわいい。

Switerland_and_salzburg_2008_184 Switerland_and_salzburg_2008_185この晩の聴衆はドレスアップ率が高かったですね。パリ、オペラ座の大晦日くらいかな、匹敵するのは。!

旅行前から聞かされていたミスターTMの装いはピンクのwaistcoatでお似合いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

DAY 11 その② ヘレンキームゼーからの帰り

お城から船着場までは森の中を抜けてぶらぶら歩く。ブラックベリーもあった。

Switerland_and_salzburg_2008_160 昨年時間がなくて行けなかったオーガスティン修道院に寄る。

何でもお城Neues Schloss(New Palace)を建造中ルートヴィヒ2世はこちらに寝泊りしていたということで青い寝室が残されています。その他の部屋もバロックできれい。中庭はローズガーデン。

帰りは蒸気機関車で。

Switerland_and_salzburg_2008_133

Switerland_and_salzburg_2008_134_2 プリーン・アム・キームゼーの駅で自動販売機のMIKODOを見つけて「これ、ポッキーだよ」というと、たちまち皆が買い求めた。

私は日本のポッキーの味を知らないので比べようがないけれど、日本のより甘いらしい。世界各地で味をその地域に合わせて名前も上手くつけて発売しているのでヨーロッパの人もこの菓子が日本生まれとは知らない人が多いのよね。MIKODOというのは棒をつかったヨーロッパの遊びがあってイメージ的に合致したこともあって人気なのですよね。

驚いたことには帰りの列車が、来たときの列車と同じ車両だったこと。
なので見たことのないような泥だらけの通路なんです!よりによって帰りもなんて、ついているのかいないのか。

Switerland_and_salzburg_2008_135さてザルツブルクに帰り今晩の夕食はケラーで。

緑に囲まれたアーチ下のテーブルで気持ちが良い。
男性陣は次々に違うビールを試し、私はワインを。

お食事の締めはもちろんザルツブルガーノッケール。

どんなにお腹一杯でもこれは大丈夫。ザルツブルク風スフレで口のなかですぐ溶ける夢の味。

Switerland_and_salzburg_2008_161

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Day 11 その① ヘレンキームゼー城までの長い道のり2008版

さてザルツブルクの旧市街にあるホテルからヘレンキームゼー城には
バス、列車、SL、船そして歩きまたは馬車でやっとたどり着くのです。はあ。

Switerland_and_salzburg_2008_149モーツァルト小橋を渡る。

良い天気で気分も上々。

ヨーロッパの場合、駅の周辺はあまり雰囲気は良くなくてはずれであることが多い。 ホテルのある旧市街から駅までは歩いても20分ほどだけど、今日はお城でも歩くしザルツブルクカードを使いバスに。

列車で1時間ほど。
すいているのでゆったり座っていたところあと2駅ほどのところで見たこともないような汚れきった格好で大きな荷物を担いだティーンの団体が乗り込んできて通路やそこここに座り込んだ。こんな混んだ列車はこちらで見たことない。何なの?

それはいいけど降りられるのだろうか。
「まあ私たちが立ったらその席に座る人ですこしは通る隙間が出来るはず」と考えていたが、皆疲れきっているようで腰を浮かさない。先生に見える女性に話しかけてどういったことなのか訊ねると何でもWalking Festivalに3日間行っていた、とのこと。するとこの若者たちは3日間多分雨の中泥だらけで歩き回って疲れ果てて座席が空いてもそこまで動く元気も残っていないのか。

列車がプリーン・アム・キームゼーについたのでしょうがないからその泥だらけの学生たちをまたぎながらなんとか出口に。え~ん、今日はお城だからとお姫様ドレスを着てきたのに!

降りるのに時間がかかり、おまけに違ったプラットフォームに行ったためSLに間に合わなかった。もともと乗り継ぎにしては時間が短いけど。

Switerland_and_salzburg_2008_150 少し待ってバスで船着場まで行くことにする。
時間があるので去年も行った駅の売店に。

ここの売店にはマンガがあるんですよ。(注;ドイツ語)少女マンガやなんとBLもある。去年よりBL本が増えてるあたりドイツにもファンが多いのでしょうか。

中学校の先生であるMさんはここで教室用に数冊マンガを購入。どこに行っても生徒のことを考えている良い先生だなあ。

ここでのバスは初めてだけど普通の住宅街を通るので面白い。10分ほど。

船に乗ってすぐに右手に緑の中の城と庭が見える。

Herrenchiemseeは湖の中のHerreninsel(男島)にあり、船着場からは歩いて10分ほど。去年乗って気に入った馬車に乗りました。馬車で行くとルートヴィヒ2世に招待された気分になるでしょ?

ベルサイユを模して作られ、噴水などもそのまま。
Switerland_and_salzburg_2008_157Switerland_and_salzburg_2008_159 内部はガイドと一緒にドイツ語か英語のツアーになる 。

ガイドによって少しずつ内容が違うのよね。去年のガイドさんはもっとロマンティークな内容で細かく説明してくれたので覚えている限り抜けている説明を生徒さんたちに小声で伝える。

カフェで食事後、ルートヴィヒ2世博物館に。
ここの内部でも写真がだめになっている。

昨年撮影した写真は私の去年の旅行記

ヘレンキームゼーまでの長い道のりhttp://eikoku-club.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_10a1.html

ヘレンキーム城でコスプレ?http://eikoku-club.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_1c11.html

でどうぞご覧ください。きらきらですよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Day 10 その② ザルツブルク街歩き

さて朝のフルートのコンサートに行かなかった生徒さんたちとホテルで会い午後はザルツブルクをご案内。

オーベンドルフに行ったまままだ帰ってきていないMさんからのメモを受付の人にもらう。あとで追いつくとのこと。でもどうやって?時間もルートも決まっていない街歩きなのに・・・。

Switerland_and_salzburg_2008_136今回皆にザルツブルクカード72時間を渡しそれで、ケーブルカーも入場料もバスもO.K.で見せるだけ。便利です。

ホテルがモーツァルト広場のすぐ近くなのでどこに行くにもモーツァルトにご挨拶。毎日何回も会うことに。

Switerland_and_salzburg_2008_138_2まず街中をぶらぶら歩いてホーエンザルツブルクに。
この城の星の天井の音楽の間が好き。

城の内部を見学して中庭に出て見晴らしが良いところで写真を撮っていると「Kaori先生!」との声が。Mさんが走ってやってきた。このひろいお城でよく会えたなあ。Mさんによると「とにかくピンクの服の人を遠くから探した」とのこと。はあそういうさがし方があったのね。

Mさんとは昨年の冬ヴェルサイユ宮殿でもはぐれて奇跡の再会をした。彼女はよっぽど鼻が利くのか、行いが良いのか。

Switerland_and_salzburg_2008_141Switerland_and_salzburg_2008_142_2 そこからマリアの修道院(サウンド・オブ・ミュージック)に歩いて降りる。

静かで落ち着いたたたずまいのノンベルク修道院。皆映画は見ているので修道院の前でシーンを再現。

上がってくるのはケーブルカーだったけど歩いて滑りそうな急勾配の道を歩いて降り、夕方ですいているモーツァルトの生家に。(7,8月は8時まで)
内部で写真を撮っているTJさんが注意される。昨年は写真大丈夫だったのに、年々厳しくなるなあ。でも夕方だとスタッフも暇なのかいろいろ説明してくれて今まで気づかなかったことを学ぶ。

Switerland_and_salzburg_2008_145Mさんと私は夜教会のオルガン・フェスティヴァルに行く予定なのでそのままホテル近くのカフェ、デーメルで軽い食事をとる。

たいてい量が多いので2人で一皿を分けようとしたらウェイターのお兄さんが「ここのはモダンなデザインで量はちょっとだよ」などと言う。それならと一皿づつ頼んだところやはり多い。

デーメルはもとがケーキやさんなのでケーキがおいしそう。食事でお腹一杯で残念。

Switerland_and_salzburg_2008_146Switerland_and_salzburg_2008_147_2いったんホテルに帰りすこしだけドレスアップしてフランチェスカン教会に。

教会で演奏されるために作曲された音楽はやはりその地で聴くのが良いです。音響が素晴らしい。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

DAY 10 その① モーツァルト・マティネ

日曜日の朝。
いつもはにぎわっているゲトライデ・ガッセも閑散。
Switerland_and_salzburg_2008_109ザルツブルクがはじめてのMさんを連れての案内。
旧市街を抜け、橋を渡ってミラベルに。

ミラベルもまだひとが少ないのでおもいきりサウンド・オブ・ミュージックが出来た。
Switerland_and_salzburg_2008_116 いつもこの階段で「ドレミの歌」の終わりのほうを映画と同じように階段で後ろや前に飛び跳ねながら歌うのです。後ろに飛ぶのはやってみると難しく、映画で子役がそろってやるのは大変だったろうなあ。

「清しこの夜 」が作られた村オーベンドルフに行くMさんと別れて、私はホテルに帰り午前11時からのコンサートのためのドレスアップ。

Switerland_and_salzburg_2008_118モーツァルト・マティネでプログラムはK425交響曲第36番「リンツ」シンフォニー、K314フルート協奏曲第2番ニ長調、交響曲第31番 ニ長調「パリ」。

モーツァルテウムは小さめのホールでチケットがすぐに売り切れたのもわかるなあ。
Switerland_and_salzburg_2008_119 美しいホールで音響も素晴らしい。好きなプログラムで心躍る。

フルート協奏曲ではエマニュエル・パユさんの演奏。これがまた最初の一音目から惹きつけられた。明るく透明でどこまでも高い朝の青空、とでもいったらいいのか。(夢色クラシックの学君にもっと素敵な表現を教えてもらいたいデス)

そのパユさんは幕間にロビーに降りてきてCD販売とサイン会。
ミセスTMさんは自身がフルートを習っていることもあってパユさんの大ファン。彼に握手してもらい、もうこれが旅のフィナーレ!というくらいに興奮。「この旅行のハイライト!!」と何度も言う。(まだ一日目なんだけど)

Switerland_and_salzburg_2008_123私はそれより魔笛の家のほうが気になって。というのもここでコンサートがあるときしか見ることができないので。昨年7月に訪れたときもがっかりして帰ったものです。
Switerland_and_salzburg_2008_121モーツアルトが魔笛を作曲した時に滞在した小屋で、ウィーン郊外から移築されたとのこと。

小さいです。普通の家だとダイニングルームくらい。片側が全面壁なので落ち着くには良い空間だと思う。

モーツァルトの気分で帰りにお気に入りのカフェトマゼッリでお昼。
歴史的なこともそうだけど、とにかくここの雰囲気が好き。ザルツブルクに住んでいたらきっと毎日通うと思う。

昨年の私のトマゼッリでの様子はこちら。
http://eikoku-club.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_98df.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

DAY 9 スイスからザルツブルクへ

チューリヒ空港でスイスの組を見送る。
年配の人ばかりなので心配だけどまあ、Good Luck!

Mさんと私はチューリヒ空港からザルツブルクに向かう。
2人ともスイスパスしかないのでそれを見せながらMさんは片道。私は往復の乗車券を買う。ザルツブルクから帰って来る時の私の予定が少し複雑なので駅員さんがちょっと混乱。チューリヒからザルツブルクに行くルートは色々あるけれど、往復というのは行き帰り同じルートでないといけないので(券を別々に買えば問題ないけど)。私も間違えられると困るので何度も確かめながらなんとか購入。

買った後、Mさんが「あの人、怒っていたんじゃないよね?」と問う。
確かにスイスのドイツ語圏の人の話す英語はちょっとけんかを売っているように聞こえる(こともある)。

さて、列車で楽しみなのはレストランカー。
食事だけじゃなくて飲み物だけでもいただけるのでさっそくGo!

レストランカーはたいてい1等と2等の車両の間にあるのでそちらに向かう。
さて、次かな、と行こうとしたら車掌さんが立ちふさがり、「ここからは1等車だ」という。
私が「??レストランじゃないの?」と言うと、「これにはついてない」とすこし申し訳なさそう。

時刻表にはついていたけど。
きっと途中工事があって、バスに乗り換えなきゃならないこともあって変更になったのでしょう、残念。それにしてもお腹がすいたなあ。

ブレゲンツで乗り換え。
40分ほどの乗り換え時間に駅の中のカフェに急ぐ。
2人で2皿頼み、半分食べたところでお皿を交換。ケーキもおいしそうだったけど時間がない。支払いのときにユーロだった。そういえばもうここはオーストリアだったのだなあ。

ブレゲンツから列車に乗り込むもブルーデンツで降ろされる。
そこから駅前で待っていたバスに乗り換え。10以上ある車両の乗客皆がバスに乗る。それも多くの人が大きな荷物を持っているわけだから大変だ。

なんとか8台目のバスに乗りエッツタールまで。中ではぐっすり眠ってました。

エッツタールでコンパートメントで席を確保後、すぐにレストランカーに。

今度はケーキとメランジェで。
混んでないので車窓を楽しみながらゆっくりしました。

ザルツブルクに到着後旧市街のホテルにチェックイン。

Mさんは夏の間は夜も開いているヘルブルン宮殿に。
私はザルツブルク空港に関空から飛んできた5名(直前にキャンセルがあったからね)を迎えに行く。

フランクフルトの乗換えがあるので少し心配したけれど、自動の扉が開いたときちらっとTJさんの姿が見えほっとした。

大型タクシーでホテルまで10分。
皆絶好調でタクシーの中でしゃべりやまない。
寒い日で毛皮を着たご婦人が歩いているのを見てショックを受けていた。
私はスイスから着いたのでさほど寒いとは感じなかったが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

DAY 8 その② ベルン

ベルンは中世の町並みがそのまま残る小さな街、だけど首都なのよね。アーレ川が湾曲してイギリスのダーラムのような自然の要塞になっている。

まずはとパウル・クレー・センターに駆けつける。

建物がピアノさんの設計で関空を思い出す。
ちょうどガーデンをテーマにした展示があり、ゲーテの植物画なども含まれていた。

が、私の大好きなここにあるはずの絵がない。
係りの人に訊くと「ちょうど今は展示されてないの、ごめんね」と言われた。しょうがない、また来るしかないか。

センター前からバスにのり、アーレ川の手前のクマ園でバスを降りた。
Switerland_and_salzburg_2008_099ベルンのシンボルであるクマ。
数頭が飼われていると言う事だが1頭しか見えない。

大きいクマが退屈そうに手持ち無沙汰にいるのは哀しい。もっと楽しい場所にできないものか。 それにしてもおおきい。

Switerland_and_salzburg_2008_102街中の様々な噴水を見ながらバラ園へ。

Switerland_and_salzburg_2008_103
バラもきれいだけど、そこから見る街のすがたも良い。

街を歩いているときに何度も映画撮影の車が人を蹴散らすようにサイレンをならしてやってきた。何事かと思ったよ。何の映画かなあ。

Switerland_and_salzburg_2008_104Switerland_and_salzburg_2008_100水と緑にあふれる街ベルン。 

食事に時間がかかるのはヨーロッパでは仕方がないけれど、この夜は長かった。

早めに行ったおかげで予約なしで座れたのは良かったけれど、スイスで最後だからとデザートを頼もうと合図をして来てくれるまでしばらく、デザートがくるまでしばらく、お勘定をたのもうとしてきてくれるまでまたしばらく、お勘定がくるまでまたしばらく、お勘定を支払うまでまたかかって結局デザートから後が1時間半かかってしまった。食事よりも時間がかかってる!まあ急に込んできて人手不足だったのね。

こういう時にまったく不平を言わないでいるのが年配の人の偉いところ。疲れているだろうに。若いMさんと私だけが「遅いなあ」などと言っていた。反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|