カテゴリー「SHORT BREAKS」の34件の投稿

高野山でいただいたもの

お正月3が日は高野山で過ごしました。

1944 1945 これすべていただきものです。
弘法大師のお食事を下げた御餅
奥之院の御守
薬草入りのお屠蘇とそのための盃
絵馬
般若心経
塗香(ずこう)ー手を清めるもの
みろく石(菓子)
くるみの菓子
お正月の切り紙飾り
三葉の松
お正月の高野山。
私が訪れたところはどこも無料で拝観でき、お祭りもあり、こんなふうにいろいろおめでたいものをいただける。
また訪れたくなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

京都 三日目 ② 桂離宮参観

桂離宮参観の予約については6月の記事 「裏技?」をどうぞ。

一ヶ月を切るか切らないかのタイミングなのに、往復ハガキでするりとできた予約。
暑そうな時期だからかな?

当日は時折小雨模様で、ちょうど良い気温で風情がありかえって良かったです。

20分前からの受付。
本人か代表者の身分証明を求められました。

建物内の待合所周りにはコインロッカー、お手洗い、売店など。
待つ間、ビデオで桂離宮の案内が流れます。

私はレモンユーカリのシールを服の裏にぺたぺた張っていたので大丈夫だったけど、皆蚊にさされて大変そうでした。

夏期に参観の場合はなんらかの蚊よけがあったほうが良いでしょう。
忘れても大丈夫。待合所内の売店に売っていましたよ。

029 池が多いものねぇ。

案内のガイドさんは要所ごとに詳しくユーモアをもって説明してくださり、移動時はかな~りゆっくりの歩き。グループの後ろにももう一人います。なにかあると注意する係らしい。

最初に苔を育てるのがどんなに大変かの説明があり、決して決して苔部分に入らないように注意を受ける。

024041_2 危ないところ(橋の中央など)や歩きながらの写真でなければ、写真を撮るのは自由とのこと。 これらの言葉を守らず実際に救急車送りになった人も少なからずいるそう。

苔と危険に注意して、グループの道筋に大筋沿っていればかなり自由に歩かせてくれるように感じました。 

036 033 048 現代に通じるデザインや職人の手仕事の粋をじっくり見る時間もたくさん与えられるのも嬉しい。

050 059 063 049


こうして障子やふすまが開けられて日にさらされているから、市松の紺色は薄い空色に。銀色の雲の意匠は鉛色になり(左上)、暗雲立ち込めるといった風になっています。

見学する私たちにとってはこうして拝見できるのは本当にありがたいことなのだけど。

さて、帰りはバスで。

バスの時間まで 中村軒 で休みましょう。

066_2067

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

京都 三日目 ① 桂へ

003_2ホテルのロビーには、季節柄 祇園祭らしい飾りがありました。

桂離宮のある桂には、
↓(シャトルバス)   

四条
↓(徒歩)
河原町
↓(阪急京都線)


と考えていたけれど、せっかくなので鉾(ほこ)も見たい。

007 四条烏丸まで歩いて長刀鉾(なぎなたほこ)に出会いました。

001_4ちまき購入。

祇園祭のちまきは食べ物でなく、笹の葉で作られた災難、厄病よけのお守りです。

長刀鉾のちまきには「蘇民将来之子孫也」のお符がついています。

粽の入っていた袋のせつめいによると、
住古、素蓋鳴尊(スサノオの尊)が旅の折に蘇民将来の家でうけたあたたかいもてなしの心をよろこばれ、蘇民将来の子孫には疫病の厄を逃れさせようと約束されたもの
だそうです。

子孫なのかな?私・・・・。
子孫じゃなかったら大変なことにならないのかな?

・・・・・ともあれ、こちらを玄関入り口上につるします。
(玄関中でもすぐに目に入るところなら良いそうです)

烏丸から桂まで特急で5分。近い。

桂離宮の参観予約は2時半。
まずは、桂離宮近くにある 隆平そば でお昼を。
ミシュラン一つ星だそうです。

ミニセットを予約していていて、私たちにはそれがちょうどでした。
011 012 013写真ないですが、竹かごのお料理のあとに、えらべるおそばがあります。
私はかけそばでしたが、丁寧なおだしの味とやさしいおそばで嬉しかったです。

お料理の味、取り合わせもですが、接客が完璧で、すみずみまで心配られた空間。
居心地よく、予約時間の都合がなければまだまだゆっくりしたかったです。

店主である中村隆平さんがお見送りに出ていらして、言葉をかわしたのですが、またこの方も柔らかなものごしで、本当に素敵な方です。
なるほど、この空間はこの方がふんわりと支配してこそのこの居心地なのだろうなぁ。

実は前日、人数を増やさせないか電話で問い合わせたのですが、そのときにも中村さん自身が折り返してお電話くださって、それもとても感じが良かったです。

はっきりとはおっしゃらなかったけれど、それぞれのお客さんたちにゆったりとお料理を召し上がっていただきたいがゆえに、一組ごとの滞在時間をゆっくり構えているようでした。(次の予約があるから帰っていただくということはなさらないのでしょう)

お料理だけでなく、そういったことも含めて訪れた客が大切にされてる感を持つので、さらに楽しい時間が過ごせるのでしょう。

ご近所だったら通うのになぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

京都 二日目 萩尾望都 たましいの創造性

京都文教大学臨床心理学部主催のシンポジウム
タイトルは「心理臨床と地球の未来ー31世紀のこころを占うーこころと創造性 たましいの描き方」
コーディネーターはこの大学の臨床心理学部教授である濱野清志さんと大学の客員教授で心理占星術研究家の鏡リュウジさん。

このために京都に行ったので、何時から並ぶべきなのか悩む。

結局、ファン友と一緒に早めのお昼をとり、2時間前には会場に。
って、どんだけファンなの?

001_3でも会場前の廊下にカフェのようなテーブルと椅子があったので、マンガのお話しながらあっという間の待ち時間でしたよ。

☆整理券番号:1 ちょっと嬉しいかも☆

臨床心理学科主催ということで、やはり『残酷な神が支配する』、それと「31世紀のこころを~」のタイトルなので『バルバラ異界』からのお話が主でした。

録音とかしてないので詳しいことは記せないから、ここでは記憶に残ったことだけ。

萩尾さんが読んだサイコパスに関する本の中の詐欺師の話がおもしろかったらしく(詐欺師は見ただけでだませそうな人がわかる)、
「京都駅からここにくるまでに、(通りすがりの人を見ながら)誰がだませそうか考えながら来ました」

↑こういったトコ好きです!

「いい人そうで、自分のことをいい人だと思っている人がだましやすい」
のだそうです。

萩尾 「私にとっては破綻の無いようにお話を作るのは簡単。でもそれでは予定調和の話になってしまいおもしろくない。」
「話をいかに開放させるか、できるだけ枠組みをみせないようにするのか、そこが難しい」

これは、お花を作る時も、ドレスのデザインにもあてはまると思いながら聞きました。端正だけど、おもしろくない花やデザインってあるものです。

ユング派によると、多くの人に受け入れられる話には、なにかしら神話的なものがはいっているのだそうです。ただそれがステロタイプ(定型)なのか、アーキタイプ(原型)なのかということがある。

萩尾 「”あまちゃん”にはまっていて、早起きしてみていた。どうしてこんなにおもしろいのか考えてみたら、あまちゃんにはあいさつシーンが出てこない。たったこれだけのことで、こんなにもお話って面白くなるんだ~、と思った」

何十回言っても同じ間違いをするアシスタントがいて、「あなた何か私に恨みでもあるの?」と怒りそうになると、とりあえず外に出て落ち着く。

と萩尾さんがおっしゃると「どこまでいい人なんですか!」と鏡さん。

萩尾 「怒るとエネルギー使うじゃないですか。だからカーッとなりそうだと場を変える」

サンドラのお墓の前でのジェルミのシーンでは
萩尾 「あの映像が浮かんだ。いや、これはないでしょ。だいたいあんたのせいじゃないか!と打ち消してもサンドラが”私はこうしたいんだ!”と譲らない。イメージが強烈だから描いちゃえ」と。
後に、「ああ、こういうことだったのか」とわかることがある。

萩尾 「悪について普通に言われる「悪」というものもまあ、そうなんだけど大きな枠組みの中に入ると、例えば国家とか~わかりにくくなる」

濱野 「ファンタジーってのは現実から逃れるためのファンタジーだと考えられることが多いけど、そうではない。ファンタジーから力をもらって現実に帰る。ファンタジーがないと現実も生きられない。」

マンガが読めないヒトの話の流れで
読めないヒトは絵だけ、セリフだけ、と独立させて読んでいるのでは?

萩尾 「マンガは音楽のよう。 オーケストラのある楽器だけ聴いてもだめなようにセリフと絵とすべてで成り立つもの(ここのあたりうろ覚え)」

濱野さんと鏡さん、お二人ともかなり萩尾作品を読み込んでおられ、質問なども尊敬が感じられて的確で、安心してお話に集中することができました。

最後の30分は会場からの質問受付。

『残酷・・・』の終わり方についての質問に対して
萩尾 「ジェルミは自分の傷を見つめていきていくしかない。 イアンはそっと寄り添う。
でもそれではおさまらない。まだまだざわついている。
鳥が飛ぶ 川は流れる ・・・・
落としどころを見つけたかった・・・・
それであの終わりに」

『残酷・・・』のなかでよく森が出てくるが?
萩尾 「森には良いイメージを持っている。
太古の神秘の中にさまよっていく感じ」

20代のクリエーターの質問には
萩尾 「創造の仕事をしてると20代のころはいいが、仕事ばかりして30才になるころ壁にあたる。
そういうときは、
オトコをつくる(!)
映画を見る
旅行する
絵画や芸術に触れる」

「ゴッホや○○(忘れた・)が自分の生命をかけて描いた絵なので、そういったエネルギーをまともにうけるのでたくさんの作品は見れないけど、そういったものをじっくり見る」

そこで、萩尾先生はお一人で見ますか?の質問に
「いえ、友人たちとあれやこれや言いながら、です」

嫌いな人、合わない人にはどのように接していけばいいのかという質問に、以前萩尾先生は「続けていくことが大事」だとおっしゃっていましたが・・・の質問。
2008年に高知にいらした時のお話でそのようなことをおっしゃっていましたね、そういえば。
その時のブログ記事

萩尾さんは、あっ、しまった、という表情。
萩尾 「私、そんなえらそうなこと言ってたんですね」

萩尾 「以前は ご縁だから大切にしていきたい と思っていました。
今はもう先も短いことだし(そんなことないと思います!)無理しない。
方向性が違う
見えるものが違う
会ったあとつらい思いが残る
そんなひととは会わなくてもいいのじゃないでしょうか」

とにかくヒトの話に丁寧に耳を傾ける方です。
質問の受け答えでも、ごまかしなくお話なさるのが良いです。
ユーモアもあるし。

萩尾望都さんの作品は小さいころからずっと好きで、作品からもたくさんの愛のような何かをいただいています。

それだけでも十分じゃないか、と思いつつ、ライヴでのお話を聴けるチャンスがあればつい馳せ参じてしまうのは、お話を伺うと元気になるから。
お話を聴いたあとの「受け入れられた」感がハンパないですね。

最近読んだ本でお勧めの作品は?の質問に
『時の旅人 クレア』を挙げられました。

008早速購入しましたよ。

英語で書かれた本なので、まあ原書で読もうかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

京都 一日目 ③ ラウンジでゆっくり

今回は、ウェスティン都ホテルのエクゼクティブルームに宿泊なので、10Fのラウンジでのサービスが受けられます。

6時30分~10時00分 コンチネンタルブレックファスト
11時30分~17時30分 コーヒー、紅茶
17時30分~19時30分 イブニングカクテル
19時30分~22時00分 コーヒー、紅茶

遅めのお昼をたっぷりいただいた私たちなので、イブニングカクテル時間にふるまわれる4つのオードブルで夕食としては十分だろうと急いで帰ってきました。

023オードブルはホテル内のレストランから。
チーズやウォータービスケットもあります。

ワインは白、赤 それぞれ2種。
日本酒にウィスキーやウォッカその他いろいろカクテルいただけます。(ただし、セルフサービス)

ヨーロッパのHappy Hour(ディナーのまえの客が少なくなる時間にアルコール飲料やおつまみをサービス料金で提供する)にあたるのでしょう。

でもグラスゴーやアイルランドではハッピーアワーは禁止されたのですよね、怖いくらい飲む人がいて。
2時間もあれば飲む人は怖いくらい飲みそうだけど? ここでは皆静かに楽しんでいましたね。

イギリスに住んでいたときからいうと、半分以下、いやひょっとすると四分の一くらい?で満足するようになってるので、グラスワイン2杯半とオードブルのこの量でちょうどです。

難を言うと、スパークリングワインがあれば、さらに嬉しかったです。
フレッシュジュースとあわせてカクテルも作れただろうしね。

11Fのライブラリーで久しぶりに一緒に過ごす友人とゆったりした気分でくつろぐことができました。

私たちのお部屋からは南禅寺が望めました。
緑の中にいるようで気持ちよい滞在です。

025

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

京都 一日目 ② 東福寺~

お昼のあと、JRで一駅の東福寺へ。

004 紅葉で有名なお寺ですが、緑も良いものですよ。

ゆっくりと見てまわりたかったけど、なにせ閉館が4時半。早すぎる。

まずはお目当ての東福寺方丈「八相の庭」(東福寺本坊庭園)にむかいます。

南庭
006 005
東庭
北斗七星ということです。
012 015
北庭
小市松の庭園

007 009ちょうど東山魁夷が描いたあたりです。
北庭のなんとも音楽的なところが大好き。

017018019その後、境内をささっと見学。

通天閣からの眺めも素敵。
大樹に囲まれ深呼吸。
恐れていた蚊にもあわず、ほっ。

東福寺駅から京阪本線で三条へ。

友人のお気にいりのお茶屋さん 一保堂 で、これと思える日本茶を求めてうろうろと。

このあたりからなら、ホテルからそう遠くないと友人が言うのでタクシーでホテルに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

京都 一日め  ① 不二乃でお昼

2泊3日で京都に行って来ました。

マイレージ枠で飛んだので、ちょっと遅めの出発。

京都駅に着いたのはもう1時半過ぎでした。
今回は東山にあるウェスティン都ホテルに宿泊。

ちょうど空港バスが着いたところにサテライトコンシェルジュがあるんです。そこで荷物をホテルまで送ってもらいました。(300円。でも便利)

とりあえず、京都駅にある伊勢丹でお昼をさがす。
でも京都らしいもの、ということで 11Fにある 京とうふ 不二乃 へ。

001つくなり豆乳を供されびっくり。

おぼろ豆腐膳を注文。

◎ ふわふわおぼろとうふ(おかわり自由)
◎ おばんざい五種
    冷奴・胡麻とうふ・生湯葉のおさしみ
  季節野菜の白和え・湯葉おくら
◎ お揚げとひじきのコロッケ サラダ添え
◎ 季節野菜と野菜揚げの炊き合わせ
◎ お揚げと生姜の炊き込みご飯
◎ 吸物
◎ 香物
◎ 豆富お茶菓子、丹波黒豆コーヒー

002 003すべてが目に美しくなんだかきれいになれそうな食事です。

接客も大変感じよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

裏技?

来月、京都でのイベントに行くことになった。

高知からだと京都って意外に遠いんです。
マイレージがあるので、やはり飛行機+空港バスで京都駅でしょうか。

泊りになるので、そのまま帰ってくるのはもったいない。

どこかきれいなお寺とか庭とか見たいな~。
そういえば、今は参観をネットで予約できるから・・・と桂離宮のサイトを見てみた。

でももう一ヶ月切ってるからか、やはり満席。

直接宮内庁京都事務所を訪れて申し込みした時には、前日だったのに簡単に取れた、と姪は言うけど・・・・。 京都まで行って申し込みはできないし。

いまどきですが、往復はがきで申し込んでみました。

002あらら、すぐにはがきが帰ってきました。

めでたく希望する日の参観が許されました!

直接枠、ネット枠、はがき枠、と参観者の受け入れにはいろんな枠があり、難しさからいうと ネット>はがき>直接 というのは、どうやら本当かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

うさぎの島 一周散策

朝 まずしたことはカーテンを開けて窓から外のウサギたちの様子をうかがうこと。

暖かい季節と違って、野草も少なく、おなかがすいてるのかホテル外ですでにスタンバイしているみたい。

003 朝食後外に出ると、すごい数のウサギたちにまた取り囲まれてしまった。

今日は島を一周しながら、出会うウサギたちに野菜を食べてもらおう。一周しても3キロなの。
ホテルの宿泊プランがペレットつきの「兎人(うさんちゅ)プラン」だったのでそれも携えて出発。

あまり人通りのないところのウサギたちは警戒心が強いものもいて、でもそんなうさぎでも時間をかけると距離が縮んでくるんです。

028 044 053 059

どこに行っても、遠くから私たちを見つけたうさぎたちが全速力でやってくる。

019 094 154 161なんとはなしに熱狂的なファンに追いかけられてるアイドルの気持ち???
でも、きっとお腹がすいているだろうにそんな全速力でエネルギーを使ってしまって大丈夫なの?
もちろん食べ物はたくさん持ってきたけど。

115136 144うさぎの島の兎はうさぎの安全のため抱っことかしてはいけないんですけど、勝手にひざに乗ってくるうさぎたち。

この私の腕の中にいるうさぎと私は相思相愛に見えるけど・・・
うさぎは
「あぁ、おいしかったなぁ」
くらいの気持ちなのかな。

125瀬戸内の海は穏やかで優しい。

小さな島々を結ぶフェリーがたくさん走っているのもいいですね。

後ろ髪惹かれつつも帰る準備。


173来島海峡で休憩。

瀬戸内の海の幸がたくさんあって幸せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

うさぎの島へ

(仕事上の)クリスマスのあわただしい一ヶ月が終わり、まだ年末まで英会話のほうの仕事はあるけれど、ほっと一息いれたくて瀬戸内海の大久野島に来ました。

001 日本であまりうろうろしないのでいろんなものが新鮮。

例えば・・高速道路のサービスエリアにあるお手洗い。
きれいなのはもちろんだけど、個室の開きなどが表示される電光表示板があったり、インテリアがそれぞれ凝っていたり。
日本ってすごい。

002ウサギの島には車で入れないので、今回は大三島の盛港に車を置いてフェリーで渡りました。

港にはホテルの送迎バスがフェリーに合わせていつもいます。

つくなりたくさんのウサギのお出迎えが。

前回来たのはゴールデンウィークの終わりだったので、日中は暑いのかあまり活発でなく、暗くなってからと早朝がウサギタイムだったのですが、冬はいいです。日中もたくさんのウサギと触れ合えます。

それに今回は家庭菜園の無農薬野菜をたくさん持ってきているから。

案の定、大人気でした。
私が、じゃなくて野菜が。

007くださいな
とのびーっとやってくる。

005 ・・・と
次から次へ

わぁ!

うさぎ好きにはたまりません。

ウサギさんたちはいろんなところにいるので、場所を少し移動して違うところのウサギさんたちにも、と歩き出してもぴょんぴょんついてくる。その姿が愛らしくも心苦しい。

ごめんね~、違うウサギさんたちにも食べてもらいたいし。

019少し立ち止まると、30メートル先からも全速力で走ってきてブーツの周りにウサギさんたちがむくむくと。

それがどんどん増えてくる。

いかがですか?

おいしいよ。

分け合って食べてね。

020 021少し離れたところに一匹狼ならぬ一匹ウサギの姿が。

024 023どうぞどうぞ。

ひざにまで乗ってきて、さわり放題のウサギ。
やわらかで暖かくうっとり。
(すみません、うさぎファンでない方は気持ち悪いでしょう? 読み飛ばしてください)

027 028 030 041
043

確実に
わたしの
人生最大の
モテ期
だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|